パソコン

 

オフィスで使うパソコンの導入をサポート

今の時代、仕事にコンピュータの存在は欠かせないものとなっています。しかし、家庭で使っているパソコンと同じものでいいのでしょうか? Windows7が使いたいのに、家電量販店では最新PCしか売っていない……そんなお悩みはないでしょうか?鈴弥洋行では、各メーカーの企業向けパソコンを取り扱っております。カスタムPCのご用命も承っております。

Windows7プレインストールPCのご注文も可能です。

お気軽に営業担当までご相談下さい。

 

 

PCメーカー

 

サポート切れのパソコンにご注意下さい!

 

WindowsXPやVistaのパソコンを未だにお使いの方はいませんか?

WindowsXPは2014年4月に、Vista2017年の4月に、開発メーカーのMicrosoftのOSサポートが完全終了しています。サポート切れのOSを使うと、セキュリティ的な問題が発生するおそれがあります。

WindowsXPやVistaは、サポートが切れたため、不具合が発見されても、メーカーによる修正プログラムは配信されず、WindowsUpdateは行われません。

サポート切れのPCは、欠陥住宅のようなものです。例えば窓の鍵が壊れているのが分かっていても、直すことはできません。鍵は開きっぱなしの状態です。これでは、泥棒を防ぐことができないのと同じで、ウイルスや情報漏えいなどを防ぐことができないのです。

安心安全なデータの管理や、インターネットへの快適な接続をするためには、最新OSへの移行が必須です。

また、サポート切れは、XPやVistaのみの問題ではありませんいまだに多くの人が使っているWindows7も、サポート期限が迫っているのです。

 

Microsoftサポートについて

 

オフィスで使われているパソコンは、ほとんどがマイクロソフトのWindowsPCです。

企業で使うパソコンなので、比較的長いサポート期間が設定されています。しかし、いずれはサポート終了の時期が来てしまいますので、早めの対応が必要です。

 

 

Windowsのサポートライフサイクルを見ると、WindowsVistaもサポートが終了しています。Windows7でさえも、2020年1月で終了してしまいます。2019年中には入替を完了しておく必要があります。

お使いのパソコンは、Windows何ですか? 一度確認してみましょう。

もちろん、鈴弥洋行にご相談頂ければ、入替のアドバイスをさせていただきます。営業担当までご連絡ください!

 

サーバー

 

データの共有やユーザーの管理を簡単に

サーバーを導入することで、業務について様々なメリットが発生します。

ファイルの共有をカンタンに行うことが出来たり、万が一ファイルを間違って消してしまった場合でもバックアップすることでデータを復旧させたり、ユーザーの管理を行うことで、セキュリティの設定を一括して行うことができるようになるなど、メリットの大きさは計り知れません。

それだけではなく、ウイルス対策ソフトをサーバーで一元管理することで、御社のセキュリティレベルも向上させることが出来ます。

自社にサーバーを導入することで、恩恵に与ってみませんか?

 

2015 年 7 月 15 日、Windows Server 2003 サポート終了。

サポート切れはパソコンだけの問題ではありません!

 サポート切れのXPパソコンの危険性は、テレビのニュースでも取り沙汰されました。しかし、サポート切れは、パソコンだけの問題ではないのです。

会社で使われている大切な情報が全て入っているサーバー……これらサーバーも、もちろんサポート切れが存在するのです。その重要性は、パソコンよりも多大なものと考えられます。「サポート終了」後は、発見された新たな脆弱性に対して、Microsoft から新たなセキュリティ更新プログラムや修正プログラムが提供されることはありません。

 

 

パソコン同様、サーバーOSにもサポートライフサイクルが存在します。

Windows Server 2003は、2015年7月15日で延長サポートが完全終了しました。また、Windows Server 2008も、2015年1月13日でメインストリームサポートが終了し、延長サポートを残すのみになりました。

会社のサーバーは、それ単体だけでなく、中にインストールされている業務ソフトも同時に移行する必要があるでしょう。年単位で用意しなければ間に合わないシステムもあるかもしれません。

 

お早めの対策をお奨めいたします。鈴弥洋行営業担当までお気軽にご相談下さい。

 

グループウェア

 

社員のスケジュールなどを円滑に管理したい

サーバーにグループウェアを導入することで、スケジュール管理や、回覧、プロジェクト管理など、様々な情報ツールを、インターネットエクスプローラなどと言ったウェブブラウザで、簡単に利用することができるようになります。
また、メールをウェブメールとして設定することで、どのパソコンからも、メールをチェックすることが可能です。
 
 

販売管理

 

日々の業務を高効率化したい

販売管理などの業務系ソフトをネットワーク対応から、スタンドアロン製品まで、ニーズにあったソリューションを提供いたします。
VPNネットワークを利用し、ターミナルサーバー等を導入することで、別拠点に入力用クライアントを設置するなど、分業による業務の効率化を図ることが可能です。

 

ネットワーク

 

ネットワーク導入、変更相談

インターネットには繋がっている。しかし、機器が古くなってしまったり、「ツメ」が折れてしまって使いにくい。頻繁に繋がらなくなってしまう…

そんなネットワークのお悩みではないでしょうか?

新しいパソコンを追加しても、ネットワークに接続できなければ仕事にはなりません。プリンターに出力したくても、どうしていいか分からない。

機器がホコリだらけになって熱を持ってしまっている…

さまざまなオフィスのネットワークトラブルを鈴弥洋行がまとめて解決いたします。

 

◯ ルータやハブと言ったネットワーク機器の交換・設置

◯ 古くなったケーブルの交換

◯ ツメが折れてしまったケーブルの修復

◯ 社内ネットワークの無線化

◯ 新しいパソコンのネットワーク接続

 

引越や、新規事業所、現場事務所、オフィスのリニューアルに伴うLAN配線など、スムースな解決をお手伝いいたします。
お気軽に営業担当までご相談ください。

 

SASUKE-NET GS ~ UTM(統合脅威管理)

SASUKE-NET GS

セキュリティを包括的に対策したい

 

昨今、企業の機密情報を狙う攻撃が増加しており、その手口は複雑化・悪質化しております。

ウイルスによるセキュリティリスクはウイルス対策ソフトで軽減することが可能ですが、その他のリスクについて脆弱な面があることが否めません。

本来であればマルウェア、トロイの木馬、ワームやフィッシングサイトと言った全てのリスクに対応するために複数の機器を導入する必要がありますが、そのような環境では機器の管理に多大な経済的・人的コストが発生してしまいます。

UTM(統合脅威管理)は複数の機器を統合し、マルウェア、トロイの木馬、ワームやフィッシングサイトのような情報セキュリティリスクを様々な側面から保護します。

社内のネットワークの上流に設置することで社内のIT資産を包括的に保護し、社内の機密情報の安全性を高めます。

また、UTMを導入することで複数のセキュリティ機器の管理コストを低減しながら高レベルのセキュリティ対策を行うことが出来ます。

SASUKE-NET GSの利点

 

 

 

Top